婚活から始まるブログ

婚活パーティで出会った彼と結婚しました。妊活中。

初陣はエクシオ20代限定パーティ②

f:id:shimobukure-aha:20160306114300j:plain

 

shimobukure-aha.hatenablog.com

 

の続き

 

帰りたいが来てしまったものはしょうがない

 

渡されたプロフィールカードに記入したいがペンを持っていなかった

 

会場のスタッフに聞いたら50円ですと言われ

 

そんなの知らん

 

なんて言わずペンを購入して

 

カードの項目を埋めた

 

一人ひとりに番号札が渡されている

 

女性と男性が向かい合って、フリートーク

 

時間がきたら男性だけが移動して、また次の人と話す

 

話すときはお互いのプロフィールカードを交換して、そこから会話の花を咲かせるという

 

その日は男女50人くらいいたと思う

 

全く知らない男性と

 

犬が好きなんですか?

私も飼ってるんですぅ

 

仕事大変そうですねー

 

なんて上っ面の会話を繰り返す

 

もともと社交的ではないのでこれが結構しんどい

 

20代限定で私が29歳だから、当然ほぼ全員年下

 

こんな若いのにお見合いしに来るんだと驚きもした

 

まずは全員と会話し、第一印象で気に入った人がいたら

 

カードに番号を記入して、スタッフ経由で相手に自分のカードが渡される

 

私は書かなかった

 

ひとり良いなと思った男性がいたが、

 

私はあなたのことが気になっています

 

という意思表示をする勇気がなかった

 

本当にアピール下手だ私

 

その後フリートークタイムに突入し

 

女性は椅子に座ったまま

 

男性が意中の女性めがけてアプローチする

 

私のところに飛び込んでくる人はいなかった、、、

 

 

私の隣には可愛い儚げな女の子が座っていて

 

こんなところに来なくても彼氏できるんじゃないかと思うくらい可愛いなと見ていた

 

 

やはりその子は、アプローチカードを何枚ももらっていて

 

フリータイムの時も男性が椅子とりゲームをしていた

 

 

可愛いっていいなー

 

相手を探すのに困っているからお見合いしに来たのに

 

可愛い子がいたらやっぱりそっちに流れちゃうよなー

 

なんて私の未来に不安しか感じないまま時間は過ぎた

 

私の目の前には、仕方なく空いてる席に座った男性

 

明らかに興味なさそうな人と話をするのも、これまたしんどいものだ

 

 

すべてのお見合い行程が終わり、カップルは4組できていた

 

足早に会場を出た帰り道

 

隣の可愛い子は、射止めた彼と街中を歩いていた

 

今からでも可愛くなれるのかな

 

と寂しくヒールを鳴らして帰った

 

 

人生の伴侶はそう簡単には見つからない

 

くじけず次のパーティだ!