婚活から始まるブログ

婚活パーティで出会った彼と結婚しました。妊活中。

その後のその後。

その後のその後。

f:id:shimobukure-aha:20160218221415j:plain


エクシオを通して連絡をしてきてくれたのは、登山や旅行の話で盛り上がった人だった


彼が一番話しやすかった


彼は私の家から車で一時間かかる隣町に住んでいたけれど、私の行きやすい近場のレストランを予約してくれた


そこは私がいつか行ってみたいと思っていたパスタが評判のお店


店選び合格!!



その気はないし会いたいと言ってきたから会うけれど



久しぶりのデートに内心ウキウキ


モテナイので、すぐ調子にのる


ミニスカートを装備してレストランへ向かう





お店であった彼を見て0.1秒で思った


やっぱりない


パーティの時の上下ジャージとは打って変わり
彼なりにおしゃれをしてきたようだった


ジーンズにちょっと可愛いブルゾン

なぜあの時ジャージだったのか


そんなカジュアルなデート相手
ただ、どことなく清潔感に欠けてた
そこを甲斐甲斐しく何とかしてあげたいと思う程でもなかったのでご飯を食べたらすぐ帰ろうと決めた


もともと趣味の話で合っていたので、会話に困ることは無かった


というか、店の奥さんの話の方が長くて沈黙のスキもなかった


毎年イタリアに行っている話
いつもは北寄りだけど、今回はイタリアの南の方に行ってみた
このパスタはあれでこれで
この写真見てー
こっちの写真もみてみてー


私たちの苦笑いもよそに奥さんの口は止まらない


おかげで気まづい思いはしなかったけれど


そんな中でも、彼は


どうしても連絡をとりたかった
エクシオのアフターフォローを見つけて問い合わせた(3000円
エクシオから返事が来なくてダメかと思った
連絡できて凄く嬉しかった
会ってみて思った通りの人だった


私が、最近写真に興味があって一眼レフを買ったけど使いこなせていない、と言うと

僕教えれますよ、と言い

今度登山いきましょう

他にもアウトドアなら行けます!

などなど、あの短時間でそんなに私ったら
魅力的だったかしら〜
なドキドキを通り越して
私の本質はこんなもんじゃないわ
とあまのじゃくハートが芽生えたのである


一方で店の奥さんが料理冷めるくらい話すほどに
パスタは絶品だった


ちゃっかりデザートまで頂き
そろそろ帰ろうという雰囲気



お会計の時、私は割り勘する素振りを見せたが
僕が誘ったので出します
と言ってくれたので、素直にご馳走になった



ご馳走になったお礼を言ったあと彼が

また会ってくれますか?
LINE交換しましょう

と言ったので


私も笑顔で良いですよと言い
お互いのLINEを交換した


帰ったあと、彼から連絡がきていた

今日は楽しかったです
またご飯食べにいきましょう


私は



未読ムシ&ブロック



そして、1日を終えて眠りについた