婚活から始まるブログ

婚活パーティで出会った彼と結婚しました。妊活中。

陸上自衛隊のカップリングパーティに行ってきた②

f:id:shimobukure-aha:20160306212341j:plain

shimobukure-aha.hatenablog.com


の続き


集まった男性の中に私の好みの人がひとりいた


背が高く、もちろんガタイもいい
メガネをかけていて、短髪で爽やか


ああ タイプだわ


男性30代40代自衛官を毎月ご紹介する【自衛隊ブライダル】



パーティは立食形式で

まずは決められた丸テーブルに男女10人ぐらいが割り当てられて、最初のトークタイム



私の意中の人は別のテーブルで少しがっかり


とりあえず同じテーブルの人と話すけれど


私は気に入った人以外は一切興味がないのでつまらなかったけれど


自衛隊事情が聞けたのは少し面白かった


県外から転勤で来た自衛隊員は全く出会いがない
基本的に独身者は基地内の寮生活なので夜遊びもできない
転勤ありきなので、パートナーが見つからないまま40歳になる人もいるから、
こういうパーティじゃないと本当に出会いがない
などなど



昨今テレビでも公務員として自衛隊が結婚相手に人気で売り手市場のようだと聞いたけれど、
当の自衛隊もそれなりに相手探しに困っているんだなと少し意外だった


f:id:shimobukure-aha:20160306210922j:plain
男性30代40代自衛官を毎月ご紹介する【自衛隊ブライダル】


しばらくは同じテーブルの人たちと話していたけれど

私の的は最初に興味を持った背の高いメガネの男性ただひとりだったので
チラチラよそ見をしながら、なんとか接触できないか考えていた


あと一緒に来た先輩が、割とやっかいだった
先輩は一人になるのがイヤなタイプなので、私が移動すると先輩もついてくる


いつも仕事を教えてもらっている手前、先輩を置いていく勇気が私にはなかった

ついには婚活パーティなのに、海の見える会場の庭で私と先輩二人でおしゃべりをずっとしていた

近くには気の合う男女がそよ風に吹かれながら楽しそうに会話しているというのに!!


なんのために私は来たのだ


パーティ形式にもよるのだろうけど、

私は婚活パーティに行くなら一人の方が良いと友人にアドバイスしている


自分の婚活なのに一緒に行く相手を気にしないといけないなんて
ただのタイムロス